高校生JIKナビゲート 鈴木里代子さんインタビュー
JIKに入塾してからから数年。高2JIK生の鈴木里代子さん(光陵高)は今、次の進路に向けて高校生JIKナビゲートで学習を続けています。今は英語の特訓中!合わせて、担当の先生とは度々進路面談を行い、夢に向かってどのような道をたどっていこうか、真剣に考えながら授業に参加してくれています。 そんな中、里代子さんの帰宅間際をつかまえて(笑)インタビューしてみました!!

~確認テストに必死になっていました~
BOSS:里代子はいつから通っているんだっけ?
鈴木:中2の初めくらいからです。
BOSS:そうだったね。あの時のやんちゃな中3の中で、大丈夫かな?と心配になるようなおとなしい子だった。。。中学生の頃のJIKの思い出はある?
鈴木:入試対策の公民の授業で過去問をテスト形式で解くんですけど、採点したあとに点数を発表しなきゃいけないんですよ。変な点数じゃ恥ずかしいし、せめて合格点までは取らなきゃって、必死になって頑張ったのを覚えています。あと~、面接での喋り方!
BOSS:そうそう!面接前は何度も何度も話し方補習したねぇ。ありゃたいへんだったわ(笑)。
鈴木:内容ばっかり意識するんじゃなくて、相手に伝わる“話し方”をするようにと教わりました。ハキハキと滑舌よく話すとか、語尾をはっきり大きく話すとか、おなかから声を出すとか・・・。

~進学校に入ったんだなぁと感じた高校の新入生説明会~
BOSS:高校入試を一区切りにして、「高1の間は塾や予備校には通わない」という高校生が多いけど、里代子は入試が終わってからも、中学卒業前に早々に高校生サポートに移って、休みなくJIKに通ってきてるよね。それはなんでだったの?
鈴木:高校って中学校に比べて授業時間数も増えてくるし、教科も多くなるし、一人で勉強していくなんて何もかもが不安だったんですよね。入試前の補習も個人的にしていただけたし、JIKに通塾を続けていけたら少しでもその不安が解消できるんじゃないかな?なんて思ってました。
BOSS:とは言え、あの頃の中3の全員がJIK高校部に進級したわけじゃないじゃない。「別に塾には通わなくてもいっか」なんて思ったこともあるでしょ?(とイジワルに聞いてみる・・・)
鈴木:合格したあとの光陵高校の新入生説明会で、「進学校に通うからには高いレベルの勉強を“しなくてはいけない”」というお話があったんですよ。苦手教科があって、そんな不安を持っていた私には相当なプレッシャーになりました。すごいとこに来てしまったな・・・と(笑)。その説明会に参加させていただいてから、JIKに進級することは絶対になりましたね。
BOSS:高1のときはJIKでの学習はどんな効果があった?
鈴木:数学なんかは学校で配られる問題集から課題が出されるんですけど、それを一つ一つ見てくださって、ていねいにその解法を教えていただいたんです。わからないところがあるとすぐ聞いて解決、またわからないところがあるとすぐ聞いて解決。そのおかげで、学校の授業ではつまずくことなく学習を進められました。
BOSS:やったね!それは良かった!!

~JIKみたいな塾は他になかなかない!~
BOSS:元々JIKの高校部は、まだJIKで学習を続けたい里代子みたいな卒業生のためのクラスだったでしょ?先生は基本的に、高校生の学習法が身に付いたら、大学進学に向けて高2あたりから大手の予備校や塾に移るべきと考えていたけど、里代子は高2になった今でも通ってくれているよね。やっぱり受験に向けてJIKで勉強しようと思ったきっかけは何だったの?
鈴木:高2になる春休みに、ある予備校の映像授業の体験に行きました。基礎が身についている人には効果があるんだろうけど、私は英語が苦手でその授業にはついていけなかった。やっぱり、まずは苦手教科の基礎固めから始めないといけないなと思って、やっぱりJIKに通い続けようと思いました。
BOSS:その受験勉強に向けた基礎固めはJIKでしっかり出来ているという手応えはありますか?
鈴木:学校の英語は教科書の長い文章を読んでいくのが普通です。ひとつひとつ、重要な構文をひろって英文法を学ぶことはなかなかありません。でも定期テストには英文法の問題は出題されるわけです。JIKでは英文法をメインに授業をしてくれますから、その英文法テストで結果が出てきています。
BOSS:よかったねー。最初に話していた「不安」てやつの解消ができているなら、先生たちも通ってもらって安心!と思えるよ。
鈴木:「苦手教科」という大きい括りではなく、さらに「この分野」「この単元」「この出題方法」と、ピンポイントで教えていただくことができます。個別指導の塾なんかもやっぱりそうなんでしょうけど、JIKは小グループで授業を受けるからグラスの友達からも刺激を受ける。完全個別にはない競争意識や緊張感も生まれます。JIKみたいな形式の授業は他にはなかなかないじゃないですか!!
BOSS:おおおおおおおおお、里代子さん熱くなっとる!!!!!

ということで、インタビューに協力をしていただいた里代子さん。写真のように笑顔で帰っていきました。どうもありがとう。

インタビューの中にあったとおり、元々JIKは高校生のコースはなく、まだJIKで学習を続けたいという1期生のリクエストに応えて設置した「だけ」のコースでした。中学生クラスの延長でしかありませんでした。ところがいつしか、JIKで受験を意識した学習を進めていきたい、進路相談に乗って欲しい、センター対策をしたい・・・などなど。学校補習塾でなく受験指導塾としてのJIK授業を求める高校生が増えてきました。

JIKはまだまだ大手には及ばない小さな塾です。大手のような完全な受験指導はできないまでも、英語・数学を軸に本格的な受験勉強に入るまでの学習法、基礎固めの仕方、予備校の活用の仕方、進路決定の仕方などを伝えています。そんな指導ができるようになったのは高校生を指導している担当講師たちの研究・熱意の賜物です。それでも“ここまで出来れば良い”などと考えてはいません。さらにJIKが高校生にしてあげられることを考えていきます。

まだまだ進化していくJIK高校部。今後は中学部の卒業生だけでなく、新たに高校生なってから通う生徒さんたちも増えてほしいなぁと思っています。だから2017年度からJIK高校部はリニューアル!高校生の希望に合わせた形式の指導ができるよう、2つのコースに分けて授業を行うことになりました。以下のようなコースになります。ぜひご期待ください!そして、新しく生まれ変わる高校部にぜひ皆さん参加してくださいね☆

少人数グループ指導で、本格的な受験勉強へ向かう道をご案内高校生JIKナビゲート!!
完全個別指導で、通信制高校等の宿題やレポートをお手伝い高校生JIKサポート!!

~ヒトを育てる学習塾~JIK 塾長:BOSS

お問合わせはこちらから

お子様のお名前 (必須)

ふりがな (必須)

学校名・学年(必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

住所(任意)※資料郵送希望の方は必ずご記入ください 

お問い合わせ内容(必須)
個別学習相談参加希望詳しい資料郵送その他

メッセージ本文

Follow me!